memo.yammer.jp

常に完成形
2020-06-14 21:23
gimonfu で、はてなブログの記事を GitHub と同期する
ブログをはてなブログに移行するにあたり、記事を管理する CLI 「gimonfu」を作成した。 本記事では、gimonfu と GitHub Actions を使って、GitHub のリポジトリとはてなブログを連携し、記事を git で管理できるように設定を行う。 記事の内容を設定すれば、Markdown ファイルを GitHub のリポジトリにプッシュするとはてなブログに記事を公開できたり、はてなの Web ページで記事を編集すると、GitHub のリポジトリに自動で反映されてバックアップを取ることができる。 最終的な GitHub Actions の設定は、私のブログの記事リポジトリにある
2020-06-09 17:00
自作Cコンパイラの途中経過
Cコンパイラ自作の進捗 以前の記事に書いたとおり、C言語のコンパイラを自作している。 セルフホストには至ってないが、教科書であるオンラインブック「低レイヤを知りたい人のためのCコンパイラ作成入門」の内容が一通り実装し終わったので経過報告をする。 裏で最初は毎日記録をつけていたのだが、だんだん面倒くさくなってやめたので、コミット履歴を見ながら振り返る。 最初のコミットは19日前(5/21)なので、そろそろ三週間経ったところだ。 5/28-30の三日間以外は何かしらコミットしているので、継続的に開発できている。もっともバイトや授業に遮られることがなく、時間がたくさんあるのでできることであるが。 こ
2020-05-31 16:44
Zeit Now を使って、express.jsで書かれたアプリケーションを独自ドメインで公開する
now という PaaS がある。 Node.js で書かれたアプリケーションを、無料で3つまでホスティングできるらしい。 heroku を無料プランで使うと、dyno の立ち上げに30秒くらいかかるので、Web サーバとしては致命的に遅い。 一方 zeit はそのような待ち時間は発生しない。(どこかに、AWS Lambda を中で使っていると書いてあった気がする) 今回はシンプルな express.js のアプリケーションを now でホスティングする手順。 インストール $ mkdir now-app $ cd now-app $ yarn init $ yarn global add n
2020-05-30 14:05
TCP と UDP
今日のインターネットの根幹をなすTCP/IPプロトコルスタックのうち、トランスポート層のプロトコルであるTCPとUDPについての基本的な知識を説明する。 本記事は研究室の輪講で「マスタリングTCP/IP 入門編」を読んだことがきっかけの第2回。 前回はTCP/IPプロトコルスタック全体についての概要を書いた。 参考文献: マスタリングTCP/IP入門編 第6章 pp219-246 もくじ トランスポートプロトコルの役割 ポート番号 TCP と UDP TCP の様々な制御 トランスポートプロトコルの役割 トランスポート層の役割は主に3つある。 End-to-End の通信を実現すること。 アプ
2020-05-30 11:46
デスクトップLinuxでCPUの状況を確認する
$ cat /proc/cpuinfo # CPUの各スレッドごとの情報を含んだファイルを表示する $ nproc # CPUのスレッド数(プロセッサの数)を表示する $ top # CPU使用率の高い順にプロセスを表示する。定期的に内容は再描画される。 参考: CPU and Linux - Youtube Satoru Takeuchi
2020-05-25 01:02
数日前からCコンパイラを書き始めた。
数日前からCコンパイラを書き始めた。(GitHub) 植山類さんのオンラインブック、低レイヤを知りたい人のためのCコンパイラ作成入門を読みながら、概ね本の内容に沿って進めている。 自分の書いたコンパイラで自身をコンパイルするセルフホストを目指している。 コンパイラというのはある言語で書かれたプログラムを別の言語に変換するプログラムだ。 ここではC言語をアセンブリに変換するものを指している。 いきなりC言語をコンパイルするのは無理なので、徐々に複雑な入力を受け付けるように改良し、最終的にC言語を受け付けるようにする(したい)。 最初は入力をそのまま出力することから始まり、四則演算ができるようにな
2020-05-21 15:40
npm publishの手順
npm (Node Package Manager) とは、Node.js におけるパッケージ管理ツールである。 npm が GitHub に買収されたり、deno が正式リリースされたりしているこのご時世であるが、初めて npm にパッケージを公開したので手順と注意点を振り返る。 ちなみ公開したのは、はてなブログ記事管理ツールの gimonfu。 全体の流れ $ npm publishする作業をよしなにしてくれる CLI ツール np などもあるようだ。 今回は必要な作業を知る意味を込めて手動で行った。 私がやったのは以下の通り。細かくはこれから述べる。 npm に登録する 内容を確認する
2020-05-20 14:23
コンピュータの有名なエッセイ
コンピュータの専門家を志すものとして、近いうちに読んでおきたい(読み直したい)エッセイ。 インターネット上に公開されているものも多く、日本語訳のリンクをつけている。 著者、訳者に感謝。 自分の今後の人生など知る由もないが、仕事になろうとそうでなかろうと、コンピューテーションが楽しいものだということを忘れずに、いや今よりもそう思えるような人間でありたい。 ハッカーと画家(Hackers & Painters) ポール・グレアム著。 エッセイ集。 いくつかの章は読んだ。強い表現のところもあったりしてクセのある、他方魅力的な文章。 どうしてオタクはモテないか ハッカーと画家 口にできないこと もうひ
2020-05-19 21:44
リポジトリで振り返る2019年
2020年も中頃だが、2019年末〜2020年正月に書きかけた記事が出てきた。 捨てるのも何なのでここに放出。 以下。年末に1年を振り返るという記事の趣旨から各リポジトリにリンクをつけた以外は原文のまま。 リンク以外の追記部分はその旨を記述している。 なにをするか あけましておめでとうございます。 年越ししてしまいましたが、まだ正月なので昨年を振り返って今年に向けて身を引き締めたい。 今回はGitHubのリポジトリを総ざらいして自分がどんな開発をしたか振り返る。 準備:GitHubのリポジトリ一覧を取得する githubのAPIを用いて、curlでリポジトリ情報を取得する。 $ curl -u
2020-05-19 16:50
非同期のまえに同期処理を通してPromiseとasync/awaitを理解する
JavaScript といえば非同期処理はつきものだが、非同期や Promise に苦手意識を持つ人も多いのではないだろうか。 これらの最初の理解のハードルは結構高いと思う。私も理解できずに悶絶した。C言語のポインタよりむずくないか?。。。 この記事の前半では一旦非同期のことは忘れる。 まず記事前半は、同期処理をテーマに、コールバック, Promise, async/await について説明する。 記事の後半は、これらを非同期処理を交えて説明する。 Promise はよくわからないという方や、一度挫折した方などにぜひ読んでもらいたい。 (2020/05/30補足: Qiita投稿に合わせて全体